Pikodon Company Logo
表紙
オフィシャルサイト
新宿ウサギズは、2つ以上の要素を組み合わせて、画期的なアイデアを生み出すのが得意なチームです。

使い古され、行き詰ってしまったようなアイデアも、新宿ウサギズにとっては最高の材料です。そこから人を驚かせるような組み合わせ方をして、劇薬的な作品を生み出します。新しく生まれたものは個性的すぎて、拒否反応が起こってしまうかもしれません。しかし、そこにまた新たな要素を加えて調整すれば、ずっと存在していたかのように馴染み深い存在に仕上がります。

例えば、「新宿」という地域名に、ボクらなら動物の「うさぎ」を足します。そして、「新宿うさぎ」が出来上がりました。

しかし、「新宿うさぎ」という言葉では、自分達の意図する方向性を指し示した言葉としては物足りなさを感じます。そこに更に「Z」という香辛料を加える事で、「新宿ウサギズ」になりました。

これで、馴染みのある柔らかい言葉に、少し社会貢献を感じさせるオトナっぽさと、ワクワクするような期待を感じさせるイタズラ坊主のようなワンパクな単語に仕上がりました。

アイデアや企画、事業計画は、料理に似ています。ボクらは、ありきたりな食材に、全く想像していなかったような食材を足して、そこに、独自なスパイスで味を調節して、食卓に並べていきます。

(公式サイト usagiz.com より引用)
幻のぶたカン・ブチェリー
表紙
ボクらが作る作品は、その場限りで思いついただけの使い捨てではなく、全てが、ひとつの巨大な目的に向かっています。新宿ウサギズは「幻のぶたカン・ブチェリー」を長編アニメ化するための制作委員会を設立いたしました。

Pikodon Company Top Menu
Copyright(c) PikodonCompany All Rights Reserved.