Pikodon Company Logo

血まみれナースの悪夢学

企画 > 血まみれナースの悪夢学

血まみれナースの悪夢学は、恐怖探偵トラウマいちごのコンテンツです。

恐怖探偵トラウマいちご公式サイトからご覧いただけます。

寝ている時、恐らく人間は無意識である。その無意識の時間の中で、過去の実体験だけでなく他人の話や映像で見ただけの事をごっちゃに組み合わせて物語を作る。

そして、それを視覚、聴覚、時に味覚や痛覚まで、実体験のように脳で感じることができる。更に驚くべきことは、その脳の中で起こっている時間は実際の時間軸とは違う四次元的なものだったりするのだ。

全人類が寝たまま脳だけで生かされていたとしても、それで社会が成り立ってしまうのではないかと思うほど、人間の脳は不思議な可能性を秘めている。

食べる夢
食べる夢
夢を見るのが大好きだ。面白い夢を見たときは、忘れたくないからメモを書いて覚えておく。そして、なんでそんな夢を見たのかを知りたくて調べる。嘘くさい夢占いを読みながら、違う、これは違う、これも違う、バカバカしい。と、忘れる。

ある日、お腹が空いたまま寝ている時は、食べても食べても満腹感が得られない夢を見る。満腹な時には、食べたくないのに食べ続けて苦しくなる夢を見る。という説明を見て納得した。

未解明で複雑な夢の仕組みは意外とシンプルだ。

狩猟本能
狩猟本能
猫はセミの死体やネズミの死体を持ってきて、見えるところに置いておく習性がある。獲物を置いて飼い主を見あげているその愛らしい姿から、きっと、上手に狩りができたよ?と褒めてもらいたいのかと勘違いさせる。

しかし実際の意図は、いい年していつまで経っても狩りのひとつも出来そうもない子どもへ「狩りとはこうやるんだよ?」という母猫から子猫への教育が目的なのだそうだ。

どこに子猫がいるのかって?それは彼女が見あげている図体ばかりでかい飼い主の事だよ。

明晰夢
明晰夢
夢日記をつけ続けると気が狂うとか、予知能力がつくようになるとか、そんな嘘くさい話を信じる暇があったら、明晰夢のトレーニングをしたほうがよっぽど楽しいことだよ。

夢を見ながら「これは夢か」と唐突に気付いてしまう事がある。それが明晰夢だ。では夢と気付いたのなら、どうする?脳が急に活性化するため目が覚めてしまう事が多いが、どうせ夢なら、自分のイマジネーションを駆使して好きな事を実現してはどうだろう?

空を飛ぶ事も、思い通りのシナリオの主役になる事もできる。大好きなあの子と夢の中でずっと暮らす事もできるだろう。

完全変態
完全変態
秋にキャベツについた青虫を拾ってきた。しばらくして青虫はサナギになった。しかし、シンシンと近づいてくる冬。冬に羽化した蝶は生き残れずにすぐに死んでしまう。

部屋で飼う自信がなければ、そのサナギを虫かごに入れてベランダに放り出しておけば良い。サナギは体をドロドロに溶かし、硬い殻の中でジッと春を待つ。そして気温が高くなってきたら、溶かした体を作りなおし、もぞもぞと動きだす。

小春日和の日。背中から殻を破き、ゆっくりとゆっくりと這い出てきて、濡れた羽を乾かして飛び立っていく。きっと真っ白なモンシロチョウだ。

そんな期待をしていたのに、出てきたのは真っ黒なルリチュウレンジバチだった。漢字で書くと瑠璃鐫花娘子という溢れそうな女子力を感じる字だったが、ただのキモい黒虫だ。

血まみれナースの悪夢学は、恐怖探偵トラウマいちごのコンテンツです。

恐怖探偵トラウマいちご公式サイトからご覧いただけます。

一番上にもどる
Pikodon Company Top Menu