Web開発ノート

Webサイトをレベルアップさせてプロモーション効果のアップデート。独自のWebシステムを使った粘り強い面白さのあるサービスの充実化をご提案いたします。

WordPressについて

今の時代に求められているWebサイトの役割は、それを必要とするユーザーがすぐに情報を得られるような環境を提供する事です。そのためにはWebサイト上の情報鮮度を保つ必要があります。

情報更新するたびに、いちいちWeb制作会社に連絡を入れたり、建物が違うシステム開発部の出社を待ってミーティングをしている余裕はありません。技術的な知識がそれほどなくても、発信する情報が発生した時に、すぐに、更新できるようなシステムを必要としています。

そのシステムをコンテンツマネージメントシステム(Contents Management System)と言い、CMSと略します。

CMSを独自開発するにはコストがかかります。

もし、限られた予算や期間でCMSを導入したいのであれば、オープンソース型のCMS、WordPressを検討してみてください。

2022年の時点で世界中の全Webサイトの中の43%がWordPressによって作られています。CMSの中でも65%がWordPressを採用しており、使用者が多い分だけ、多くの開発者が頭を寄せ合って情報交換しているため、検索すればいくらでも新しい情報が出てきます。開発者にとってもかなり心強いCMSです。

WordPressを導入した時に、多くの人が躓く問題として、システムの更新が頻繁すぎるという点があります。

不正アクセスの手段はいたちごっこで、毎日新しい方法が生まれています。サーバシステムやサーバプログラムを頻繁に更新し、積極的なセキュリティ対応が必要です。毎日のように何かしら更新され、昨日までの事が明日は古くなる時代です。自転車もクルマもオイルメンテナンスしなければ故障するのと同じように、Webサイトも維持していかなければ、大きなトラブルを招く可能性があります。

それが例えどんなに良質なものであったとしても、使われていなければ錆びていき、世界中のネットワークの足を引っ張るコレステロールサイトとなってしまいます。

WordPressの導入そのものはとても敷居が低く低コストでできますが、それを維持するためには、更に貪欲に情報収集し、知識を深めていく必要があります。ここではそのWordPress運用の手助けとなるような情報をまとめてみました。

PHPでCMSを独自開発する

今、最もお勧めできるオープンソース型のCMSは、WordPressです。しかし、WordPressを導入したために不満が出てきてしまったという声もあります。

HTMLだけだった時は、あんなに速かったWebサイトが、耐えられないくらいに重くなった

いちいち更新してくださいとメールが届く。そしてなんだかわからないけど、更新しないと、セキュリティが危ないとか言われているから仕方なく更新ボタンを押しているが、もういい加減に押すのも面倒臭くなった。WordPressの更新が頻繁すぎて辛い

なんかトラブルで動かなくなった。WordPressのシステムが壊れてしまったんだけど、どうすれば直るのか?HTMLくらいなら見ればなんとなくわかるんだけど、phpMyAdminだなんだなんてのは、名前を見ただけで頭が痛くなってくる。

WordPressをインストールしたら2000個くらいのファイルがあるんだけど、これのうちどれくらいが不必要なファイルなのか?知らないファイルが沢山あるのは気持ち悪い。こんなに余計な機能はいらない

最低限、本当に必要な事だけができれば良い。あとはHTMLとかだけでいい。

そんな方には、見てわかるくらい透明度の高いCMSが良いかもしれません。

リッチサイト+JavaScript

2003年頃から2007年頃まで、ブラウザの中は賑やかでした。企業系のサイトやプロモーションサイトなどは、Flashで作った派手な演出や音楽や効果音にあふれていて、ブラウザで映画館めぐりをしているような時代でした。

最初は個性が発散されていましたが、時間が経つにつれ演出が定型化してきて、その動作の重さや、いちいち面倒な奇抜なインターフェースに、本来のインターネットに求められる情報収集という目的が邪魔されてしまい、使いにくさを感じるユーザーも増えてきていました。

そして、Flashのブラックボックス的にパッケージされた仕組みは、悪用された場合のセキュリティの脆弱性を指摘されるようになり、個人情報などの安全性にシビアなスマートフォン市場を中心にFlash離れが進み、派手な動きを見せるWebサイトは消えていきました。

かつての時代のように、どのサイトもFlashという状況ではなくなりましたが、情報収集以外にも演出的な楽しさを提供するサイトのニーズが完全になくなったわけではありません。そういった演出のあるサイトが効果的な場合も多いですし、然るべきニーズに合わせて用意する事で、プロモーション効果としてもサイトの楽しさとしても、期待以上のものになるはずです。

知っておきたいWeb開発の知識

最近ホームページという言葉を聞かなくなったような気がします。

代わりにサイトとかWebサイトとかいうカッコ付けた言葉が使われるようになったようです。だからといってホームページという言葉を使う事を恥ずかしがる必要はありません。かつてこのWebとやらが、ホームページとか「ほめぱげ」とか呼ばれていた時代からこの分野を生業としているのだぞ?というアピールにもなるかもしれないからです。

でも、「ほめぱげ」とか知らない若い頭脳に「ホームぺージとか言っちゃうような化石みたいな人に任せるのは不安だなあ」とか思われたら困る事があるかもしれないので、ここでコッソリと、今の時代にあったワードを勉強しちゃいましょう。