Pikodon Company Logo

物語のあらすじ

第一部

第一章:見えない偏執狂

東京都内某所に、看板がなく連絡先も不明な探偵事務所がある。そこには大手探偵事務所から独立した私立探偵、小机いちごを中心に、3人の調査員達がいた。仕事は小机いちごの元上司、池田部長を通して秘密裏に依頼される。

今回の依頼者は、姿の見えないストーカーに付きまとわれていると訴える黒沢玲菜

小机達の調査により、幽霊の存在を疑う玲菜の主張とは違い、付きまといの犯人が元同僚の梅宮たけしだという事を突き止めたが、梅宮の存在を知っても、なお見えない犯人の存在を信じ込む玲菜。

小机は、深追いを制止する仲間達を無視し、玲菜を妄信的に追い込んだ占い師、吉原月子に接近する。

黒ニクル

恐怖探偵トラウマいちごの物語にハマる悪夢の中のウサギ達。そのウサギ達を支配する3人のナース達。
ウサギ達は自分達を支配する、悪魔のようなナース達が椅子を取り合う政治的な抗争よりも、トラウマいちごに興味津々。

結局、ウサギ達の投票で、椅子の持ち主のナースを決める事になった。

政治に無関心なウサギ達は、みんなと同じナースドロップに投票し、椅子の持ち主はドロップに決まった。結果に納得行かないナースドリィはお城を出て行ってしまう。自分達の状況が変化した事に気付いたウサギ達も、変化に怯えて、なんとなくドリィについて出ていった。

第二章:呪いの腕輪

風俗店のオープニングスタッフの中の一人、向井麻里の身辺調査を依頼された。彼女は夢遊病を患っているか、重度の精神的な問題を抱えている可能性があるという。小机は生命保険の面接士のふりをして接近する。

小机は向井が身に着けていたアヌビスのデザインがされた腕輪が気になる。

もうひとつの案件、新倉友里子の夫の不倫調査をしている間に、小机の探偵事務所に落書きや、悪質なメール送信などの、脅迫的な悪戯が仕掛けられた。犯人を突き止めると、身に覚えがないと主張する木村よしおにたどり着いた。

木村よしおと、脅迫的な落書きをした犯人、そして向井麻里は同じアヌビスの腕輪をしていた。

今度は、小机を中傷するホームページが作られた。そこから辿ると、黒幕は黒沢玲菜の占い師、吉原月子である事がわかった。

黒ニクル

豪華な椅子の取り合いが原因で分裂してしまったデビルナース達。椅子を奪われたナースのドリィは怒りのあまり角が生え、羽が生え、尻尾が生え、ついに恐ろしい姿に変わってしまった。怒りに任せてウサギを脅すドリィ。

彼女の怒りに怯えるウサギ達は、ドリィの元から逃げてナースベリーの元に逃げていった。突然のウサギ達の移動に不安を感じたベリーは、ドリィの様子を見にいく。

第三章:蟲の知らせ

渡辺真由美は「土曜日に新宿へ行くと死ぬぞ」という犯罪予告とも、予言とも解釈できるような手紙を受け取った。小机達は警察に通報し、協力を受けながら見張る事になった。そして、渡辺は小机達の目の前で、死亡した。

一方、小机達から独立して行動していた薬袋雫は、津島から、長沼智幸という男を見張る依頼を受けていた。そして、張り込み中に交通事故の死亡事故に遭遇した。

小机達は、両方の死亡事故の現場に、長沼と熊谷という男がいた事を突き止める。小机は熊谷が営む謎の昆虫ショップを訪れ、そこで小机が暗殺対象であった事を知る。

黒ニクル

椅子の取り合いから始まった仲違いで、手が付けられないほど狂暴化したドリィの元に向かったベリーが帰ってこない。ドロップがベリーの様子を見に行くと、ベリーはいなかった。代わりにウサギ達がいた事を不審に思い、ドリィの城へ行くと、そこで血だらけになって倒れた仮死状態のベリーを発見した。

その頃、ドリィはドロップに会いに行っていたが、ドロップの姿はなく、憧れたあの椅子だけが残されていた。

ドリィの元から逃げたウサギ達はドリィから復讐される事を恐れ、帰ってこないベリーを待つよりも、ドロップを頼る事にする。しかし、ドロップがいるはずの城にはドリィがいた。椅子を手にいれたドリィの心は既に落ち着いていた。

第四章、悪魔の木天蓼

黒沢玲菜の件で小机に妨害された吉原月子は、逆恨みして小机を陥れようとした。しかし、その作戦中に関係者が死亡し、吉原は社会的な立場も、その裏側にある人間関係の間も問題を抱えてしまっていた。小机に擦り寄ってくる月子。

小机を陥れる作戦は、上島かおりという人物が考え、その裏に潜む狙いに、向井麻里や吉原月子が踊らされていた事を知る。

上島かおりは、長沼智幸と共に、窃盗団ムカデの一員であり、骨董屋ヤナギの知り合いで、まさこという別の名前を持っていた。まさこが狙っていたのは、几(オシマズキ)と呼ばれる数学者が作った作品達であり、その作品のひとつはヤナギの営む骨董屋。そしてもうひとつは、小机自身が持っていた。

黒ニクル

女王椅子が原因で仲違いを起こした3人のデビルナースが改めて話し合いをして、なんとなく関係が収まった。再び戻ってきた平和に安堵したウサギ達だが、今度は自分達が何者であるのか?といった疑問を抱く。

そこに秘密を知るウサギが出現し、彼女達の過去やここにいる理由を話す。