Pikodon Company Logo

Pikodon Company

PikodonCompanyとは
1996年から活動を開始したSeed Leaf Projectは、ビジュアルやサウンドに特化したデジタルコンテンツの制作を縁の下から支えてきました。2013年から自主企画によるオリジナル作品の運用を統合してPikodon Companyとして生まれ変わりました。
恐怖探偵トラウマいちご
PikodonCompanyのホームページを見たら、オカッパ頭の女の子だらけだったワケは? 恐怖探偵トラウマいちごとは、小机いちごを中心とした複雑な人間関係による物語と、その人物達によって表現される様々な分野を取り扱ったコンテンツ集合体です。
東京ミステリーファイル
意味もわからず残る都市伝説。道の脇にひっそりと残された石標。坂の上にある建物の理由。東京都に断片的に残る歴史の痕跡は、世界のどこかで起こった重要な出来事と繋がっています。その小さな謎を紐解けば、日本と世界の歴史が見えてきます。
ARアプリいちごナビ
東京都には、東京ミステリーファイルでは紹介しきれないような数百?数千?の史跡スポットが存在します。その多くを記録し、またユーザー同士がスポットを紹介し合い、評価し合うために考えたARを使ったアプリケーション企画です。
ムービー
数字を扱う技術屋のイメージを根底から覆すようなPikodon Companyの奇々怪々な作品集。Flashで作ったアニメーションから、ビデオ撮影した実写映像。歌と合わせたミュージックビデオから、台詞のある短編ストーリーまで。
血まみれナース
人を治療し、救うほうの職業とは全く関係ありません。いつしかPikodonCompanyの代表キャラクターのような存在感を放つようになった、血だらけの白衣の小悪魔達。様々なスタイルを試しながら、今も進化し続けています。
血まみれナースの悪夢学
夢は、心の奥底の潜在意識。起きている時の精神のバランスをとるために脳が疑似体験させているもの。幸せな夢もあるけど、イマジネーションの宝庫のような悪夢のほうが楽しい。悪夢のナース達が夢を分析します。
ラインスタンプ
大人気、血まみれナースのラインスタンプはコチラからどうぞ。くせが強くて、慣れるまでに少し工夫が必要だけど、使い始めてみれば離れられない味となる。そんなPikodonCompanyのキャラクター達を、ラインスタンプにしてみました。
新宿ウサギズ
複数のクリエイター達で協力し合って自らがやった事がない事に挑戦してみた動画制作企画。歌ったり、踊ったり、アニメーションと戦ったり。ここから、二度とやりたくないような? 眩暈がするほど個性的な世界観が生まれました。
ドクターモウ
キャラクターを通した対話で、悩み事を投稿すると、誰かが答えてくれる。そんな仕組みを作ってみました。iPhone、Android対応アプリ。2010年に企画を始めたPikodonCompanyの最初のキャラクターコンテンツです。
ベィビーモグ
0歳から感覚で遊べるアプリを考えました。聴いた事がある子守唄のメロディと、0歳2ヶ月目の赤ちゃんの声が癒してくれる。iPhone、Android対応アプリ。2014年に生まれた2番目のキャラクターアイデアです。
怪奇おかっぱ写真
むかし、小机いちごは「おそろし会館」と呼ばれるアパートに住んでいました。マネキンの散乱したそこには、色んな魔物がいたそうです。iPhone、Android対応アプリ。2014年にリリースした顔はめアプリです。
一番上にもどる
Pikodon Company Top Menu